このページの先頭です

ご挨拶

メッセージ

弁護士 南川 博茂

依頼者の方々と一緒に努力し、共に問題を解決することをモットーとしています。
クライアントと同じ目線で悩み、苦労することを厭いません。
弁護士となって、三十五年を超え、この間には、色々な経験を重ねました。
訴訟の代理人を務めることは勿論ですが、管財人、調査委員、財団法人交通事故紛争処理センターや大阪弁護士会ADR(総合紛争解決センター)の和解斡旋人、そして、大阪大学大学院高等司法研究科の教授職を10年。
これを通じて、常に心掛けていることは、迅速にして、質の高いリーガルサービスの提供を実現するということです。

プロフィール

■経歴

大阪大学 法学部(昭和50年3月卒業)
第29期 司法修習生(昭和50年4月~昭和52年4月)
弁護士登録/(昭和52年)
  • 大阪弁護士会 副会長(平成14年度)
  • 大阪弁護士会 懲戒委員会委員長(平成22年度)
  • 大阪弁護士会 常議員会議長(平成24年度)
  • 財団法人法律扶助協会大阪支部 (法テラス大阪支部の前身)
    法律扶助審査委員長(平成8~10年度)
  • 大阪弁護士協同組合 理事長(平成19~21年度)
  • 全国弁護士協同組合連合会 副理事長(平成19、20年度)
  • 財団法人交通事故紛争処理センター大阪支部「斡旋嘱託」
    (平成5~8年度)
  • 大阪大学大学院高等司法研究科(法科大学院)教授
    (平成16〜25年度)

著作

著書(共著)

  • くらしの六法Q&A(有斐閣)(’86)
  • 新訂・遺言と相続対策(清文社)(’94)
  • 甲類審判事件の実務(新日本法規)(’96)
  • 商標の法律相談(青林書院)(’97)
  • 遺産分割と寄与分事件の実務(新日本法規)(’97)
  • 注解商標法【新版】(上・下巻)(青林書院)(’05)
  • 新・注解不正競争防止法【新版】(上・下巻)(青林書院)(’07)

論文(判例批評)

  • 「架空名義定期預金の預金者の認定方法ほか」
    (企業法研究269号36頁以下)
  • 「室内用照明器具の宣伝用カタログ中に、和室内の床の間に掛けられた書が写真で小さく掲載された場合、書の著作物を複製したとはいえないと判断した事例」
    村林隆一先生古稀記念論文集「判例著作権法」
    (東京布井出版)(’01・7)
  • 「訴訟活動、特に裁判上の主張と弁護士の不法行為責任」
    國井和郎先生還暦記念論文集「民法学の軌跡と展望」
    (日本評論社)(’02・3)

■その他所属団体

社団法人 日本山岳会、大阪中央ロータリークラブ

 
イメージ

title02